2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 偉大なる母 | トップページ | 神の心を持つ医者 »

いじめ対策

人間って何故か、自分より弱いものに対して、優越感に浸りたいのか、上に立っていたいのか、上下関係を作りたがりますよね。子供の時から大人になってもずっとありますよね。

子供って結構大人の真似だったり、テレビの影響だったりしますが、いじめが、集団生活が始まってくると起こってきます。既に幼稚園の頃から始まります。でも幼稚園や小学校低学年のいじめは、まださほど深刻ないじめではありません。

外見的な中傷が多く、大抵、物真似にすぎません。言ってる本人たちもただ面白がっているだけなので根っこがありません。だからほとんどの子は、大人になって物事の良し悪しの判断ができるようになった時、反省ができて言わなくなります。そしてそういう事を自分が言っていたという事を、覚えていない子が大半なのです。

怖いのは高学年以上になってからのいじめで、だんだんと重くなってきます。年齢を重ねるにつれて、いじめは結構陰湿になってきます。一対一は殆どありません。大抵は一人の子を大勢で、という事になります。それもしつこく、どんどんエスカレートしていきます。だからそうなってしまう前に手を打たなければいけません。

息子の話になりますが、やはり体型的な悪口、「ガリガリ、がい骨、ヒョロヒョロ」等の悪口から始まり、仲間はずれ、そして集団で無視とか、仲良くしていた子までも連れて行ってしまう等、徹底的にやられた時は、さすがに親子でへこみました。

一人っ子の為、息子は遊び相手が欲しくて、どんなに熱があろうが、いじめにあおうが登校拒否にはなりませんでした。これはとても救いでした。

男の子からはいじめられても、彼は女の子からは守ってもらっていたように思います。これはずっと小さい頃から、女の子には優しくしなさいと教えてきたので、それが実を結んだのかなと思うのですがどうでしょう。

男の子、女の子どちらでも、普段から学校での事や友達の事など、あまり喋らない子供はやはり、親は特に毎日観察してあげないといけないと思います。中学生位の思春期になってから気付くのは遅いと思います。

個人差はありますが、小学校低学年の時に、もう芽を摘んでおかないと後々しんどくなってくると思うのです。

私の場合、もちろんまず担任の先生に相談しました。ところがこの先生、ものすごくストレートに、クラス中に、「○○君は心臓が悪くて、死ぬかもしれないから、いじめちゃだめ!」と怒鳴ってしまいました。心臓悪くなかったらいじめていいの?と言いたいところですが、そこは若い先生ならではの発想なので目を瞑って・・・。

次の日からいじめがより大きくなったのは言うまでもありません。

いわゆるチクリというやつですね。「親にチクッたな。」と余計にいじめられる。「お母ちゃんっこ、やあいやい!」とからかわれるのです。またこれがとても恥ずかしくて悔しいらしい。息子がお母さんのせいで余計やられる。と怒ってきたら一言、バシッと。

「あほ!我が子がいじめられて黙ってられる親がおるもんかい!あんたはお母ちゃんっこの甘えん坊なんかい!」「違うわあ!」「違うんやったら気にすんな!お前は全然悪くないんやから、言いたい奴は言わしとけ。本当の弱虫はいじめるやつの方なんや。いじけたら負けやぞ。何言われてもヘッチャラになればいじめられへんようになるんや!」

母親が父親になった瞬間です。一言で済まなかったけど、その日から息子は変わったように思います。

なかなか、性格にもよるので一概には言えないけれど、いじめられるという事は、やはり相手に弱みを見せるというか、自分よりランクが下だと思われてしまうことにあると、私は思うのです。

いじめられない為には、①弱みを見せない。(めそめそしない、いじけない、すねない等)②目に見えてしまう外見的な弱みに対する言葉の暴力には、言われても平気になる。(あっ、そう、それがどうした、なにそれー、等と流して気にしない。)

マルファン症候群に限らず、病気を持った子は、その対象になりやすいところがあるので、低学年ぐらいまでに、強い心を持てるように、自分に自信が持てるように、お母さん達は頑張って子育てしてあげて欲しいなと思います。

子供が、学校であった事を何でも話す家庭環境 、これが一番大事です。

でも、男の子はどんどん秘密主義になっていきますが 、子供の表情で心の変化がわかる位、毎日子供を観察しましょう。ただし、成人になるまでね。

高校生ぐらいになると、かなりうっとうしがられますので、コッソリとね。(#^.^#)

« 偉大なる母 | トップページ | 神の心を持つ医者 »

マルファン症候群」カテゴリの記事

コメント

はじめまして♪
日本マルファン協会のHPで、なずなさんのハンドルネームはお見かけした事があるのですがブログを、発見~!!
読みふけってしまいました。

今、ちょっと長女(少3)が学校で、微妙なカンジの意地悪をされていて、ホントに参考になりました。有難うございます♪

これからも、宜しくお願いしますです。

しまねこさん
来て下さってありがとう(*^_^*)
日本マルファン協会のフォーラムでは、なかなかコメントが慣れなくて、ドジっているうちにもう置いていかれている状態です。(T_T)
しまねこさんのところへもお邪魔させていただいたことありますよー。また行きまぁす。
いじめに関しては参考になれば嬉しいです。
またこれからもよろしくね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ対策:

« 偉大なる母 | トップページ | 神の心を持つ医者 »