2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 救急蘇生術 | トップページ | 稲刈り »

喧嘩はお止め、相撲をお取り

「けんかはおやめ、すもうをおとり。」

3歳ぐらいの時、兄と姉が喧嘩を始めると、いつも私が口ずさんでいた歌です。歌っていうのかな?これだけなんですが・・・。

何度も何度も喧嘩が終わるまで、二人に向かって歌っていました。

その時母は、いつものように神棚に向かって、手を合わせて拝んでいました。拝みながら喧嘩の様子を黙視していましたが、拝み終わるととたんに、二人に大目玉をくらわしていました。

それを横目で見ながら、本当に喧嘩なんかしないで、相撲をとっておけばいいのにと私は思っていました。

ところが数年たって、いい子ぶる、お調子もんの私が気に入らない兄。おまけに三つ年上なのに、身長を超されますます気に入らない。

いつしか売られた喧嘩を、不本意ではあるが買うようになった私。ご近所でも有名になる位の大喧嘩へと発展してしまいました。

ある日、いつものように喧嘩になり、急いで自分の部屋へ逃げ込んだ私。ところがその日の兄は怖かった。とうとう部屋の扉を素手で壊してしまいました。

鍵をかけた部屋の外で、兄がこっぴどく父親に叱られているのを聞いて、涙が止まりませんでした。

=相撲をとっておけば良かった=

その日以来兄とは喧嘩はしていません。というか、あまり話しもしていません。かといって嫌いだというのでもありません。

あの日、大好きな兄を泣かせてしまった後ろめたさが、今でも残っているのでしょうか?

私は基本的に喧嘩は嫌いです。

「けんかはおやめ、すもうをおとり。」

聞いたことありますか? この歌?

« 救急蘇生術 | トップページ | 稲刈り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 うちは、男ばかりの3人兄弟です。上とは3つ、下とは4つ離れていて、僕は真ん中でしたが、微妙に年が離れていたせいか、あまり喧嘩をした記憶が有りません。
 かといって、そんなに仲が良い訳でもありませんが・・・。
 この歌は知りません。 残念ながら。

喧嘩をあまりしなかったのですか。ふむ。
皆おとなしくて優しかったのか、親のしつけが良かったのでしょうか。羨ましい限りです。
この歌、やはり知りませんか・・・。
母親の作詞作曲かなあ。今度聞いてきます。

私には姉が一人いるのですが、この数年は音信普通の中です。どうもうまが合わないようで、私が合わせているうちは良かったのですが、私が自分を出すようになってからは空気の流れが変わり、向こうから敵視されています。(私は何もしてないんだけどなぁ。。)


うちもすもうを取っていれば良かったかなぁ。喧嘩をできる間柄も悪くないのですが、できればしないでおきたいなぁと思います。

その歌、平和な感じがしていいですね。世界に広めて戦争もなくなればいいのに。

音信不通ですか、寂しいですね。
私も姉がいますが、5歳上で、結構父親のお気に入りだった私を妬んだりしたので、よく喧嘩をしましたが、今は全然喧嘩をしていません。
でも全く趣味とか好みが違うので、たまに会っても話が続きません。(>_<)
お互い我慢のしあいかな?と思っています。
この歌、皆が覚えて、喧嘩の時に、心の中で口ずさんでくれると嬉しいな。

京都では「けんかはおやめ、鼻くそおとり」って言ってました。
四日市出身のかみさんはそれを知らないようで、ではどの地方で歌われていたのか調べててやってきました。
「けんかはおやめ、すもうをおとり」が語源のような気がしますね。
でも、「けんかはおやめ、鼻くそおとり」のすっとぼけた感じが好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210787/8153606

この記事へのトラックバック一覧です: 喧嘩はお止め、相撲をお取り:

« 救急蘇生術 | トップページ | 稲刈り »