2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私の大大嫌いなもの | トップページ | ドロボウ除けのおまじない »

Ⅰ はじまり、はじまり 

異変を感じたのは、先月のはじめ頃だったか。

だんな様の叔母様から電話がかかった。親戚のお通夜の相談をしていたのだが、どうも話がかみ合わない。

おかしいと思いながらも話を進めていると、『兄ちゃんどうしてる?』

えっ!また?3回目だよ。

『うん、だから元気で、今散歩に行ってるって。』 『ああ、そう。毎日何してるん?』 『うーん。だから散歩してテレビ観て、家の周りをぐるぐるして、元気やよ。』 

『ふーん、そう。・・・で、兄ちゃんはどっか行ったん?居らんの?』 『・・・・・』

始まったかなあと思いながらも、毎日忙しくしていたので、叔母には気がいかなかったある日、お義母さんが『大変やー。』と大騒ぎで帰ってきた。

『○ちゃんがおかしなってるってー。』 (皆、気がついてきたかあ。)

聞くと物忘れがひどく、何回も同じ事を言うらしい。(そうよそうよ。)

お義母さんはまるで鬼の首でも取ったかのように、まくし立てる。3歳年下の叔母をライバル視している為、ずっと元気でしっかりしていた叔母が弱るのが嬉しいのだろうか。(ああ、こうなるから言わなかったのに。)

あちこちの親戚にボケたボケたと言いふらすので、さすがに私もぶち切れて、

『もういい加減にしたらどうですか?そういう事はあんまり言いふらすものではないでしょう。!お義父さんもお義母さんも、皆同じようなもんなんですよ。!』

あーあ、やっちゃったよー。

あんまり叔母様のことを悪く言うもんで、つい。

息子にいつも怒られてしまう。人のことでカッカして墓穴を掘るなって。

その日から一段と、二人の風当たりが強くなったのは言うまでもなく、だんな様の機嫌も悪くなって、大掃除になだれ込んだのは、元はといえばここにたどり着くのです。

だって、数年前に二人ともボケが始まっていて、本当に今の叔母様と全く同じだったのですよ。

毎日毎日、同じことを何度も聞いて、聞くだけならまだしも、言った事は全然覚えてくれないし、挙句に怒り出す始末。やってられないです。

今は慣れてしまったから、何事も無かったかのように生活していますけど、毎年徐々に進行していて、何回言った言わないと言い合いになることか。

皆、自分のことはわからないんですね。

毎日相手をしている私は、時々、自分がおかしくなったんじゃあないかと思う時があります。

お義父様で10年程、お義母様で5年程です。 

いろいろエピソードがあるので、だんな様に内緒でシリーズ化しようかな。

« 私の大大嫌いなもの | トップページ | ドロボウ除けのおまじない »

認知症シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ⅰ はじまり、はじまり :

« 私の大大嫌いなもの | トップページ | ドロボウ除けのおまじない »