2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

大難は小難 小難は無難に

昔から実母がいつも拝んでいる時に、ぶつぶつ聞こえてくる言葉です。

私たち子供が離れて暮らすようになってからも、毎日朝晩、幾度となく神様に、病気をしないように、怪我をしないように、しても軽く済みますようにと、ずっと拝んでくれているようです。

そのおかげがあってか、私たち子供は何とか大きな難を逃れることが出来て、今日に至っているのかなと思います。

今年我が家は、難ばかり続いているような気がします。

まあ、良いことばかりが起こる人生なんて、あまり聞いたことがないですから、これが普通なのかもしれません。

正月前に姑が、私の、難を逃れるために活けた南天の枝を、実がポロポロ落ちて嫌いと言って、私の留守間に山へ捨ててしまったことが、私はとても気になっていました。

南天の実はそんなにポロポロ落ちません。難を転じると言って災いが起こっても大丈夫なように、験を担いで、だいたい毎年お正月の花を活ける時に使います。

姑はどうも昔から、私が活ける花は気に入らないらしく、留守間にいじっていたりします。近年認知症がひどくなってからは、目に見えて意地悪をするようになっていました。

私も長年やられていますから、大体婆さんの行動は分かるようになり、その時も裏山へ行って、捨てられた南天の枝を拾ってもう一度活けました。捨てる場所もわかっています。

ただ、真ん中でボキッと折られていたので、別の器で玄関に置きましたが、嫌な予感はしていました。

何事もなければいいけどねえ・・・と息子と話していましたが、それっきり別に気にもしていませんでした。

ところがそれから、私の体調が悪くなり、引き続き爺さんが亡くなり、そして先日息子が大怪我をしてしまい、ふと、南天のことを思い出したのです。

まあ、偶然でしょうけど、嫌な予感は的中しました。

幸い、息子は、口元と左肩擦過傷、左腕骨折、両膝擦過創などの怪我で、運転が出来ない、風呂に入れない程度の不自由さで済みました。

これも実母の毎日の、『大難は小難に、小難は無難に。』というお祈りのおかげかと感謝しています。

右腕だったら本当に不自由ですものねぇ。不幸中の幸いでした。

でも私は、不定期にめまいに襲われるため、運転のみならず、いろんな家事を息子に助けてもらっていたので、全てわが身で補う上に、息子の病院通いの送迎などが増え、とても忙しいしんどい日々でした。

そんな私たちの苦労を知ってか知らずか、その間、手がかからなかったらいいのですが、イロイロ問題を起こしてくれる姑。

南天の枝を折って捨てた姑が、何食わぬ顔で毎日すこぶる元気なのが、私はちょっと癪に障るのです・・・(u_u。)

一難去って・・・

検査の結果が出ました。

2月と変わりなし・・・・・。

どういうわけか分からないんですが、エコーの動脈径は40ミリ超えたのですが、CTではギリギリセーフなんですね。2月に受けた検査と変わりがありません。エコーを基準にすると40ミリを超えたので手術に向けて準備するのですが、CTではまだ大丈夫だろうとのこと。

心臓は動いているからねえ・・・って先生。(・_・)エッ・・・???そりゃ止まったら大変。

ちょっと納得が出来ない感じですが、正確には測りかねたってことでしょうか???

今回手術を免れたんだから、まあ良しとしとこうかなあ。

確かに以前も、手術の準備をって言われたんですが、その時は43ミリとかだった気がするんです。どうも私の心臓は伸び縮みするんでしょうか、不思議です。検査技師によっても、角度によっても多少の違いが出るというのですが、私の場合、出すぎではないかなあ。

でも、あの2月の検査以降の胸痛と息苦しさ、咳、そして今も続く微熱とだるさは何だったんだろう・・・。先生の説明を聞きながら、私は違う意味で胸騒ぎがしました。

変わりなし・・・・・。

この言葉はとっても嬉しい言葉なのですが、その後に続く言葉が、また私を不安症に追い込むものだったのですよ。

『循環器に関しては変わりなしということで、また一年後の検査を予約します。・・・ただちょっと、CTの検査で、・・・肺に影が見つかりました。・・・それはお近くの病院で診てもらって下さい。』

どひゃ~w(゚o゚)w  影~~~!!

ご存知の通り、実父は肺がんで亡くなりました。

変な咳が続いておりました。

もう、頭が混乱しています。

一難去って、また一難です。とほほ(;ω;)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »