2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ

介護度3

脳梗塞で失語症になって、爺さんが死んだことや、自分の名前すら忘れてしまって、自分からはほとんど喋らなかった婆さん。

お役所から介護度3の認定を受けました。

デイサービスに毎日(週5日)行くようにした結果、かなりベラベラ喋れるようになってきました。

でも、まだまだ、自分の言いたいことと違う言葉が口からでてきて、きちんとした会話が出来ません。ずっと介護をしている私だけが、だいたい言いたいことが分かるようになりましたが、他の人はちんぷんかんぷんです。

5日の内、3日は認知症専門のところへ預けています。

朝9時までにお迎えが来て、夕方4時頃送り届けてくれます。その間、体や頭を洗うことが邪魔臭くなった婆さんを、上手に誘導し体調を見ながら清潔を保ってくれます。

少人数で雑談していることが多いですが、きちんと読み書き等も教えてくれます。

家では洗濯物を畳む事すら嫌いで、家事をほとんどしなかった婆さんですが、あちらでは張り切って手伝うようになっています。(きちんとは畳めませんが、褒めてくれるのが嬉しいのでしょう。)

そして外歩きも増えてきて、声も元のように大きくなって、私に対する愚痴やイケズも復活してきました。

忘れたことや出来ないことはまだまだたくさんありますが、行動は脳梗塞を患う前の状態にほぼ戻ってきました。

至れり尽くせりで、なんと幸せな婆さんでしょう。

私にとっては最悪の相性の姑です。嫁にきてから意地悪をされ、何度泣かされたことでしょう。

自分の失敗を私のせいにして、平然と嘘を吐き通してきた人です。私のささやかな楽しみを、ことごとく邪魔をし、潰してきた人です。

私に対しての見下す態度と、負けん気の強いところも復活し、見事に私に逆らって元気もりもりになっています。

こんな勝気な婆さんの性格は、出来ないことを注意されたりやりたいことを止められると、余計に反発して張り切り、私の 『転ばぬ先の杖』の言動は、火に油を注いでしまうとか・・・。

下の世話をしている人よりマシでしょって言う人がいますが、こんなにじっとしていない、目を離すと何をしでかすか分からない人の世話も、結構大変なんですよ。

しかも、だんな様が居る時や、預かってもらっている時は別人のようにちょっと大人しい。

朝晩冷えてきましたね。でも、婆さんはいくら注意しても何度も外へ出たいんです。時々薄着だったり、はだしだったり・・・。

最近は一回りしたら帰ってきますが、退院してからの数ヶ月、爺さんが亡くなったことを忘れているので、毎日のように探しに行こうとし、目が離せませんでした。

朝早く、私の目を盗んでバスに乗ってしまったり、夕方には山の方へ行ってしまったり・・・。ご近所の方にも数知れずお世話をかけています。警察のお世話にもなりました。

落ち着くまで、私は本当に毎日、婆さんの行動に神経を尖らせ、一息つく余裕もなく振り回されてました。

小雨が降っていてもへっちゃら。風邪を引いたら大ごとになるのに・・・。心配性の私は、そんな嫌いな婆さんの心配までして、自分の体を壊していました。

でも最近、私は頑張って、見て見ぬふりをしています。

婆さんの為を思っての言動は、反発をくらいストレスになり、自分で自分の首を絞めていたとわかりました。

このままじゃ、私が先にくたばっちゃいそうだと悟ったからです。

でも、悟ったからと言っても、なかなか鬼嫁には急になれない、悲しい現実。

『婆ちゃん、もうちょっと私の言うことを聞いとくれ~!』

って、ここで叫ぶしかないのかな。

ともあれ、預けている間は、ちょっと一息つける日もあるので、ありがたいと思っています。

ギリギリセーフ

そろそろ手術かな、と言われてから、もう何年経ったことでしょう。

手術の成功率が、年を取るにつれ、どんどん低くなっていくという不安は募りますが、その場しのぎで検査の度に、毎回手術を回避できたことに安堵し、感謝で胸が一杯になります。

現在40ミリ弱。前回の数値と大きく変化無し。

もう何年ぐらい前か記憶も定かでなくなってしまいましたが、『43ミリで手術の心構えを。』と言われ、地の底に突き落とされたあの日以来、検査結果を聞くのが凄いストレスになっています。

はっきり言って怖いのですが、ここ数年、先生がとても上手に詳しく親切に説明して下さるし、ドキドキはするけれど不安感はすぐに解消してくれます。

『どうですか?』

『えーっと、なんか胸が時々痛んで息苦しくて、毎日だるくてしんどいのですが・・・』

『ふむ、今年は暑かったからねえ・・・。僕も同じでしんどいですよ。・・・でも、その○○さんの意に反して、結果は良好、去年と変わっていませんよ。』

『へ?そうですかぁ?』

結果が良いと言われると、なぜか息苦しさやしんどさが吹っ飛び、明らかに固まっていた顔の表情が、瞬間に緩んでだらしなくなったような気がする。

でも、いよいよかな?っていう状態のままを、こう何年もキープし続けていると、淡い期待なるものも生まれてきます。

一生このままでいけたらいいな、なんて・・・。

毎日飲んでるβブロッカーのおかげかな?血圧は低すぎて困るけど、低い方が血管には負担が少なくてすむらしい。また次回の検査まで、このままの状態をいかに保っていけるかと、日々悪戦苦闘し続けよう。

検査結果がまずまずと出たのに、この胸の痛みやだるさ、しんどさはいったいどこからやってくるのかしら・・・と、また別の不安が私を襲うのは否めません。

最近は皺も気になるため、一石二鳥のコラーゲンドリンクなるものを愛飲しています。

血管をしなやかに弾力を持たせ続けなければ、脆くなり解離しやすくなってしまうと考え、気休めかもしれませんが、現状維持を保つための努力は惜しみません。

ただちょっと家計がね・・・(ノ_-。)

でも、老化はどんどん進んでいます。最近は痛いところが多くなり、体力も衰えて外出がままなりません。

しんどくなく元気に過ごせる日は、もうやってこないのかな・・・?

ギリギリセーフだったのに、毎日がしんどくて治らない病気とわかっているから、素直に喜べない自分がいます。

毎日が精一杯。

最近、お喋りも戻ってきて、元気になってうろちょろして、私を悩ませる婆ちゃんの介護を、してる余裕なんかない状態なんだけどな、私・・・。

ちょっと、うつっぽくなってきたかも・・・。

« 2013年7月 | トップページ