2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

猫の日だって

今日は、2月22日で、猫の日だそうですcat

そして、今年は平成22年だから、2が5つも揃っちゃったんですね。

なんで猫の日かって言うと、『にゃんにゃんにゃん』と2が揃うからですね。そう言えば、犬の日は、わんわんわんでしたね。

ああ、平和だにゃん(=^・^=)

ちなみにもうひとつ、あまり知られていないのが、おでんの日。

ふーふーふーっと、熱々のおでんを吹き冷まして、頬張りますでしょ。

なるほど~good

・・・なんですが、果たして今夜、おでんの日とわかっていて、晩ご飯に食べている人は、一体どれくらいいるのでしょうかsign02

我が家も、残念ながら、おでんではございませんので、あしからず~bearing

鬼の居ぬ間に洗濯

ーーーーーーーー

昔、怖い怖い鬼が2匹おりました。angry

りりこは、お天気がいいので、洗濯をしたいなぁと川へ行くと、どこに潜んでいたのか、怖い鬼が現れて、怒鳴りました。

何をしている、ここは俺様の川だー!!出て行けー!!annoy

どこに行っても、2匹のうちの1匹が現れて怒鳴るので、りりこは全然洗濯ができません。despair

困っていると、川の神様が現れて、言いました。

『明日、鬼達は町で酒盛りをするぞ。その間に洗濯をするがよい。』

『神様、ありがとう。』happy01heart04

りりこは次の日、川へいそいそ出かけました。

『鬼の居ぬ間に洗濯ができるわ~。嬉しい~。』happy02

その日りりこは、のんびりゆったり洗濯を楽しみましたとさ。

めでたしめでたし。

ーーーーーーーー

いやぁ、まさに今日、<鬼の居ぬ間に洗濯>日和、なんですよ~。

実際にはこのことわざは、本物の洗濯をいっぱいすることではなくて、命の洗濯をすることなんですよね~。

うるさい人の居ない間に、ゆっくりしよう、一服しようって意味ですよねぇ、ピッタリだわ。

ああ~、朝からのんびりしています~。

婆様の実家の法事で、だんな様が鬼^^(爺様、婆様)を連れて、朝早くに出て行ってくれました。

滅多にない日です。

大声で話しても怒られないし、ドタバタ走っても、飛んでも跳ねても大丈夫。

やりたいことはいっぱいあるけれど、今はただ、のんびりしています。

息子が起きたら外食に行って、買い物しようかな?

それまでごろごろしようかな?

ああ、命が洗われていってます~。smile

居ないっていうことだけで、こんなに素晴らしいなんて~。

神様、ありがとうsign01

花粉症に土筆(つくし)

花粉症に土筆(つくし)
花粉症に土筆(つくし)

今日は穏やかな一日でした。 sun

明日また雨になるというので、近くに春を求めてさまよいました。

フキノトウはもう、グンと伸びていました。

土筆(つくし)も、緑色の胞子を巻き散らしたあとのものが、たくさんでていました。

そうそう、この土筆、調理して食べると花粉症に効くらしいですよ。

ハカマの部分を取るのが手間だが、さっと洗い、茹でてアクを抜き、炒めて醤油などで味付けし、佃煮にしたりして食べると美味しい。

柔らかく煮て味付けし、卵でとじても美味しい。

最近、道の駅でも売られていたりするので、花粉症の人は試してみてください。

症状が改善した人がいるらしく、新聞にでていたとか。

石川五右衛門さん

今日は、石川五右衛門の命日です。

って、確か去年も書きました。

天下の大泥棒、石川五右衛門が京都三条の河原で、処刑された日だとされています。

その命日にちなんで、大阪の泉州地方で伝わる、泥棒よけのおまじないをするため、今年も12時12分に、黙々と書こうと用意していたのですが、お客様が来てしまった。

仕方なく、少し時間が過ぎてしまったけれど、短冊に十二月十二日と書き続けました。

コレを年末にまた、ペタペタと貼って、泥棒除けをしたいと思います。

去年のブログも参考に、見てくださいね。

http://ririko23.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_13f9.html

ワイン解禁

bellボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー(ヌヴォー)2008が、当たりました。happy02notes

ジョルジュ・デュブッフ社の、綺麗なデザインのラベルが貼られているやつです。

昨日は11月の第3木曜日だったんですね。ワインwineの解禁日です。

一昔前までは、だんな様が予約をして、ホコホコ顔で買ってきていましたが、ここ数年、話題にも上らずにいたので、すっかり忘れておりました。

スーパーに買い物に出かけ、レジ横で、若い女の人が、スパゲティの試食販売をしていました。

私は急いでいたので、声を聞きながら買い物をしていました。

「いかがですかぁ。」

(トマトソースのスパゲティか、息子の好物だな。)

女の人が、か細い声で試食を進めているが、あんなレジ横で、大衆の目にさらされて、試食が出来る主婦は、そういない。

案の定、定年を迎え暇をもてあまし、奥さんの買い物についてきた、財布のひもなど握れそうもない、団塊世代のお父さんの、お口に入ってしまっている。

その次は、学校帰りの、お腹を空かした高校生が、集団でやってきて、「ごちそうさまでした。」と去っていく。

礼儀は正しいが、全く売り上げに結びつかない。

そんなことを考えながら、いつも買い物をしているわけではないが、ちょっと細々と物を売っている身としては、なぜか試食をしないで、いつもカゴに入れる癖がある。

時給をもらっているから関係ないよ、という友もいるが、もう、癖になっているのだもの。

昨日も、スパゲティと瓶詰めのソースをカゴに入れ、そのままレジへと急いだら、女の人が箱presentを持って追いかけてきた。

「クジを引いて下さーい。」

レジの列で、注目されるのが恥ずかしい私は、イラナイからと手を振ったが、どうぞどうぞと箱を差し出され、思わず一枚、三角クジを取り出してしまった。

それをそのまま女の人に渡し、さらにレジに並んでいると、何やらワアワアと騒ぎながら、袋にビール瓶のようなものを入れ、また持ってきてくれた。

「当たりましたので、どうぞ。」

ええっ!!sign03

またも注目されるのが嫌いな私は、「ありがとう。」とだけ言って、その袋をカートにぶらさげ、家に帰るまで中身を見もせず、平静を装っていた。

心の中では、当たったことは、やはり嬉しく、とんかつソース、ラッキー!と思っていた。

夜になって、だんな様が帰宅し、「とんかつソースが当たってん。」と、袋から出すと、違う!sign01

ハイカラなラベルに、あっ!sign02となったわけである。

ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォーwine

フランスのボジョレー地方のワイン、その中でも、ヴィラージュという限定された地域の新酒で、ボジョレーの帝王、ジョルジュ・デュブッフ氏が醸したもの。

なんか、一番人気のワインみたいです。

だんな様の風呂上りに、早速あけて飲みました。

アルコール度12%なので、ちょびっとでも、カァーっ!!ときました。

先日のオリーブの新漬けに、ピッタリではありませんか。

スパゲティとトマトソース、買った値段より高いものをいただいて、恐縮でした。coldsweats01

オリーブ♪

オリーブの木ってご存知ですか?

平和や知恵を象徴する木です。

ほら、オリンピックのマラソンとかで、1位になった人に植物の王冠かぶせますよね。

あれですsign03。オリーブの葉っぱ付き枝で、編んであります。

その昔、ヨーロッパで、オリーブの実を摘みに行くのに、ヨーイドンsign01みたいな感じで、坂を走って競争したのが、マラソンの始まりだとか。

うーんconfident

毎日いろいろなことがあって、気持ちも落ち込んでいた時に、友達に誘われて行った、植物を提案するお店。

そこで、偶然、オリーブを摘んで自分で漬ける、体験講習があるのを知り、すぐに申し込んだんです。

山へ摘みに行くって、どこまで行くのだろうと思っていたら、なんと自宅から20分程で行けるところだった。

一時間摘んだ。

最初はおしゃべりしながら楽しく、次第にみんな無口になり、黙々と綺麗なオリーブを求めて散らばってしまった。

綺麗な緑色したものは、新漬けに出来る。

黒っぽく熟したものは、絞ってオイルが採れる。

私は病み上がりなので無理をせず、ゆっくりもぎ取るのを楽しんだ。

皆が採った後でも、私は背が高く、手が長いので、高いところの綺麗な実を採ることもできた。

あっという間の1時間だった。

汗をかいた後、カフェに戻り説明を聞いた。オリーブ園のおじさんが一生懸命説明をしてくれた。

ケーキを食べ、コーヒーを飲みながら、オリーブの説明は楽しかったのに、ちょっと日が経つと、記憶からはほとんど消えてしまった。

でも、ひときわ覚えていたのは、そのオリーブ園から、キムタクの家に、オリーブの木が運ばれたということ。

小豆島のオリーブが有名なのに、こんなうちの近くの、私だって今の今まで、オリーブ園があることも知らなかった、この田舎のオリーブが、あの邸宅に、2、3本植わっているなんて、ちょっと嬉しかった。

おじさんは、電話でキムタクと話しをしたけれど、サインはくれなかったようだ。

キムタクってば、料理が得意よねぇ。

家に客を招待して、自分の家の庭のオリーブを使って、料理をもてなすのが夢だったんだって。

オリーブの木って、1本だけじゃ実がならないんですよ。おじさんが教えてあげて、また追加したらしいです。

そして今年、実が生ったようですよ。

なんか、暗く落ち込んでいた私も、キムタクと、オリーブの木を通して、つながったような気がして、嬉しかったでーす。

そして今日、苦労して漬けたオリーブの新漬けが、出来上がります。

美味しく漬かったかなぁ、楽しみnote

オイルは、頑張って絞って、大さじ1パイかろうじて取れました。

オリーブは、抗酸化作用があって、活性酸素を除去し、コレステロール値を下げる、今どきにとっても嬉しい食べ物なのよ。

オリーブの実が手に入らない人は、エキストラバージンオイルを、毎日摂ってね。