2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フレンズ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ゴーヤの佃煮

ゴーヤの佃煮

ゴーヤジュースもちゃんぷるも、サラダもお漬物も、もう飽きちゃうぐらい食べました。

そろそろゴーヤも取れる数が少なくなってきました。

そこで佃煮にして、ちょっと配ろうかな?

ゴーヤの佃煮は、甘辛く煮詰めちゃうので、苦味が隠れてゴーヤ嫌いな人にも、喜ばれたりします。

何より箸が進みます(笑)

作り方は超簡単。

ゴーヤ 2~3本、500g程(種とわたを取り、3ミリぐらいにスライス)

しょうゆ 100cc (濃口、薄口、めんつゆいろいろ混ぜたり)

砂糖 100~150g (お好みで)

酢 50cc

酒、みりん 適量

かつお節 10g

ゴマ 適量

1、ゴーヤをさっと茹で、ざるにあけ水をかけ、固く絞る。

2、かつお節とゴマ以外の調味料を火にかけ、ゴーヤを入れる。

3、焦げないように時々混ぜながら、コトコト煮る(30分以上1時間ぐらいですが、火加減の都合で、早くに煮詰まってしまったら水を足して様子をみる)

4、順調よく煮詰まってきたら(もったりと程よくとろみ感がでたら)かつお節、ゴマを入れ混ぜる。

5、出来上がり(笑)

私は梅干1個(種抜き)とあみえび(適量)も入れました。ちりめんじゃこ、くるみなんかも美味しいです。

味付けも本当に適当です。

自分家好みに仕上げてくださいね。

たくさん作っても日持ちするし、これは冷凍保存できますので、重宝しますよ。

ゴーヤづくし

ゴーヤづくし
ゴーヤづくし
ゴーヤづくし
ゴーヤづくし

昨日は一日、旅行でたまってしまったゴーヤと、ずっと戯れていました。

名づけて、ひとり料理教室(笑)

もうそろそろ、ゴーヤも終わりに近づいてきましたが、まだまだ暑いので元気に生っています。

4本ほどは2〜3mmにスライスして、フリーザーバッグに入れ、冷凍保存しました。

そして3本ほどは、佃煮にしちゃいました。

これがなかなか美味しいんですよ。

作り方は超簡単なので、またこの次に紹介します。

さて、それを作りながら、そうめんちゃんぷるとチャーハンも、作ってみました。

そして極めつけ、とっても感激してもらえた料理が、天ぷらです。

何の天ぷらかって言うと・・・。

たくさんのゴーヤを切って、出てきたもの。

そう、ワタです。

いつもは生で、ちょっと食べて捨てていたのですが、あまりにいいワタだったので、頑張りました。

簡単なんですが、指が不自由な私にとっては長時間かかってしまう仕事。

ワタから種を取らなければなりません。親指、人差し指、中指を使っての細かい仕事は、ううううう(:_;)の連続ですが、頑張りました。

ワタは新鮮なゴーヤの白いフワフワしたものを使います。種を取ったちょっと固めの袋のところが、天ぷらにすると、サクっととっても美味しいのです。

このワタを適当な大きさに切り、紅しょうがのみじん切りと、天ぷら粉、水少々を加え混ぜ、油で揚げます。

揚げたては、感激する美味しさで、そのままでも塩を少しまぶしてもOK。

ゴーヤは嫌いだけど、中のワタだけ頂戴!という人もいるのです。

まだ食べたことのない人は、是非試してみてください。

ちなみに、昨日の晩ご飯は、夏野菜のキーマカレーでした。

ゴーヤバーグ

ゴーヤバーグ
ゴーヤバーグ
ゴーヤネタばかりですね〜って、はいhappy01

夢に出てきそうな勢いで、ゴーヤにとりつかれています。

先日のおばけゴーヤは、ハンバーグになりましたpig

鶏挽き肉200グラム
パン粉大さじ3を牛乳適量でふやかす
卵1個
塩 コショウ
ナツメグ

以上をボールでよく混ぜる。

ゴーヤは1センチ強の輪切り、中わたをとり小麦粉をまぶしておく(輪の中も)

コネたハンバーグたねをゴーヤに詰め、熱して油を引いたフライパンに並べて両面焼く。

だいたい火が通ったら、醤油、みりん、各大さじ2、酒3ぐらいで味付けし(適当です)、焦がさないよう少し煮つめ焼いて、できあがり。

このタレは、好みで何でも美味しいです。

おろしポン酢とか、自分家流を工夫してみて下さいね。

今回はとても大きなゴーヤだったので、半分で足りました。

ゴーヤばかりで、少々ウンザリ気味の息子にも好評でしたhappy01

写真、右上は色が悪いですが、モロヘイヤの卵焼き、ポン酢でいただきます。

牛肉野菜巻き

牛肉野菜巻き
牛肉野菜巻き
牛肉野菜巻き
家でとれた、インゲン豆(三度豆)とニンジンを下茹でし、牛肉でくるくると巻き、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて油で揚げました。

黒毛和牛しゃぶしゃぶ用を奮発happy01

お肉と野菜の味だけで、とっても美味しかった〜(^〜^)

家庭菜園スパゲティ

家庭菜園スパゲティ
家庭菜園スパゲティ

だんな様が、いろいろな野菜を作ってくれているおかげで、野菜の価格高騰の中、我が家ではいろいろな野菜を堪能できます。

まあそのかわり私は、お水かけの仕事がずいぶん増えましたcoldsweats02

3ヶ所の畑をうろうろ。

大きなジョーロは、満タンに入れると持てませんし、無理をすると肋骨がバキッsign01と音がして・・・coldsweats02

半分ぐらい水を入れて、行ったり来たりを繰り返し。

良い運動になるわcoldsweats01

昨日はその野菜たち(ソラマメ、太ネギ、スナップエンドウ、玉ねぎ、人参、にら)を使って、スパゲティを作りました。

太ネギは青いところも、人参は葉っぱも。

ベーコン、ウインナー、しめじをプラスしました。

味付けは塩コショウ、しょうゆ少々。

シンプルな、野菜入りスパゲティです。

ブリ大根♪

ブリ大根♪

今夜のおかずは、だんなの好きなブリ大根にしました。

うちで採れた最後の大根です。

刺身にでもできるブリの塊を使って、ちょっとブリの方が多くなりましたけど(*^^*)

美味しかったhappy01♪♪

またもやキーマカレー

またもやキーマカレー
またもやキーマカレー
またもやキーマカレー

もうすっかり秋だというのに、夏野菜のトマト、ピーマン、ししとうが、まだまだ生っています。

息子のリクエストで、またキーマカレーです。

一度食べたら、やみつきになってしまったみたい。

作り方は、超簡単。

http://ririko23.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-1cd7.html

今日はもっと手早く、挽き肉を鍋で炒め、フライパンでは野菜を炒め、合わせて水とコンソメを入れ少し煮る方法で、20分でできました。

ピーマンも紅葉(?)し、赤くなったものも使いました。

確か、私はあんまりカレーを食べてはいけなかった気がするんですが・・・。

ま、いいかぁbleah

超簡単キーマカレー

超簡単キーマカレー

ピーマンが余り、肉詰めを造るつもりが、時間がなくてカレーになりましたhappy01

材料(4~5人分)

茄子2本 (乱切り)
ピーマン5~6個 (乱切り)
玉葱1個 (みじん切りかスライス)
合い挽きミンチ400~500g
ニンニク少し
ローリエの葉1枚(なくてもOK)
水500cc
牛乳100cc

コンソメスープの素1個

カレールー半箱(5皿分、適当)

鍋に油を入れ、ニンニク(みじん切り)を焦がさないよう炒め、茄子とピーマンを入れ、ささっと炒め、一度お皿かボールにとる。

次にミンチを炒め、だいたい色が変わったら野菜を戻し、水とローリエとコンソメスープの素を入れ、しばらくグツグツ煮る(10分程かな?)

その間、玉葱をフライパンで、あめ色になるまで炒め、煮ているところへ入れる。(甘みを出す為なので、省いても良い。)

火を止めてカレールーを入れ、混ぜながら煮る。

混ざれば牛乳を入れ混ぜる。

トロミ加減などはお好みで。

牛乳はまろやかさを出す為なので、入れなくてもOK。

意外に手早く出来て(30分余り)、かつ好評でした♪

憧れのマカロン♪

憧れのマカロン♪
憧れのマカロン♪

バレンタインデーの時に手に入らなかったマカロンを、アンリ・シャルパンティエで、やっと手に入れることが出来ました。

う〜んconfident、美味しい~happy02

想像していたとおりのお菓子。

一口でパクリといけちゃう大きさですが、いっちゃうともったいない。

お上品に半分程かじると、軽〜いサクッとしたメレンゲ菓子の感触、そして中身はしっとりと、お口の中で広がりつつ、とろけていく生キャラメル風味。

全部で8種類のお味が楽しめます。

ちょっとお高い、セレブのお菓子の感覚ですが、お土産に持って行くと、女の子は絶対喜びます。

4個入りからありますが、もちろん1個でも、箱なしのバラでも買えます。

あ〜、美味しかった〜。happy01

・・・実は、だんな様が買ってきてくれたのでした。

わらび、出てました

わらび、出てました
わらび、出てました

先日、法事の為にゆっくりできなかっただんな様が、今日、休みをとり、朝一で打ちっぱなしへ。

そして帰ってきて山へ行きました。

わらびが出ていて、40本ほど採ってきました。

立派なわらびだったのに、婆さんがバッサリ切ってしまいました。

なんでsign02 (いつものことです(T-T))

お昼、だんな様のお気に入りのビッグ・ジョーへ。

さすがに三回目だとは言えず、付いていきました。

10日で、3回ステーキは、さすがにキツかった〜(+_+)

より以前の記事一覧